So-net無料ブログ作成

スプリットリング2個分のリアフック後方調整へ! [ナマズ関連]

昨日のナマズ釣りでいつものメソッドで対岸ギリへのピッチングキャストから、着水、そして早いピッチでのリーリング&ポッピング操作でチャチャチャてな感じで巻きを入れてた時に、

水草の奥からすかさず飛び出してきてポッパーフロッグMチューンへ2度、3度とバイトしてきた推定サイズ65cmほどのナマズがいてね、

結局、このナマズも巻きの手を緩めない中で頃合い見てガッ!と合わせを入れたんだけれどフッキングできずに終わっちゃったんだけれどね、

それで、今、あらためてポッパーフロッグMチューンを見ていて気が付いたんだけれど、このポッパーフロッグMチューンのラバースカートのところがね、

IMGP9250.JPG

こんな感じで、ちょうど15mmから20mm部分でスパッと6本ほどをまとめて噛み切られていたんだよね。

たぶん、あのナマズの歯で、バイト時にこのラバースカートの後ろの方をバフッ、バフッ、って喰いちぎったに違いない感じなんだけれどね、

で、ここから、現状でのポッパーフロッグMチューンのリアフック周りの仕様をあらためて確認してみたんだけれど、

IMGP9249.JPG

リアフック2本装着している中で、長い方のフックも、噛み切られたラバースカート部位よりもさらにフロッグ本体の内側に位置しているのがあきらかで、これじゃあ、あのピッチの早いリーリング&ポッピング操作時の追い喰いしているナマズの口中にフックの尖端が位置していなかったシーンだったのがこれまたあらためて見て取れる感じでね、これじゃあ、合わせを入れてもフッキングしない訳だよね、ホントにさ!。(苦笑)

ラバースカート装着のルアーへの追い喰い時の口を使うポイントは、こんな今回初めて知ることができたこの位置なんだね。ひとつのデータとしてね。

そこで、ぜひ次回のナマズ釣りの実践で検証してみるために、こんな感じでスプリットリング2個分を追加してフックポイントを後方へ下げてみたポッパーフロッグMチューンのリアフック改良タイプを作ってみたのが、こちらでね ↓↓

IMGP9253.JPG

もう少し後方へ伸ばしてもいいかなぁとも思ったけれど、あまりスプリットリングばかりをジャラジャラつけるのもなんだし、重量もアップしちゃうからね、とりあえずこのレベルで一度検証してみるということにしてみました。

全体はこんな感じでね、

IMGP9252.JPG

さてさて、実釣検証でははたしてどんな結果を見せてくれることでありましょうか!!。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(追記)

前出これでどうだリアフック!仕様改/暫定Type-2ですが、結局スプリットリング2個追加処置は止めにして、元に戻すことに。まだ課題解決には不十分でありました。(※2015/8/23現在) 



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感