So-net無料ブログ作成

超入門書だけれど、、、勉強、勉強! [ハンターになる]

73225E33-8987-4830-AAE0-06D24D1B8B26.jpeg


会社からの横浜駅に向かう帰り道、途中の横浜SOGOの7階(だったかな?)にある紀伊國屋書店に立ち寄り、店員さんに、

“狩猟に関連する本って、置いてあります?”、

って、思わず銃をかまえる身振りが自然と出てきて店員さんの前で構えを見せちゃったりしながら聞いてみたら、

“ちょっと見てみますね”、

って、言ってくれて、一緒にカウンターに移動して、パソコンの端末で少し調べてくれて、

“ありました。そんなには無さそうですけれど。”、

って、案内してくれて一緒についていった店内の一角にあった関連の本の場所。

たしかにわずか6冊くらいしか置いてなかった控えめな存在で、そのなかで、とりあえずパラパラめくって見てみて、そしてこの2冊の“狩猟の入門書”ですね、初めて購入してみてみました。(笑)


●「はじめての狩猟」(山と渓谷社 東雲輝之/外川英樹著 2,300円)
●「銃猟の教科書」(秀和システム 東雲輝之著 3,000円)


ほんとに、ほんとに、“入門書”、だね、アハハ。

まあ、とりあず、毎日の会社までの行き来の通勤時間(電車内正味時間、片道約1時間半強)、時間はたっぷりあるからね、これをフルに活用して、また次のステップへの“勉強”のスタートです。(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ)

まったくの気のせい(!)だろうけれど、横浜SOGOの紀伊國屋書店さんでこの2冊の本のレジを担当してくれた若い女性の店員さん、会計が終わり、本を受け取るときに、

“ありがとう”って言葉にして、差し出してくれた本を受け取った時、その時、ふと視線を感じて目の前の店員さんの目を直視して見てみたら、一瞬キラリと輝く瞳ごしに熱い視線を受けたような気がした、のは、、、

あはは、やっぱり、気のせい、気のせい、、、。(あれ、なんの?。苦笑)





にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感